「乳酸菌はカラダにいいものだ」ということは多くの人が知っていることだと思います。しかし、なぜ乳酸菌が身体にとって良い働きをするのかということは案外知られていないのではないでしょうか。

そこで、ここでは乳酸菌が一体どのような存在で、身体にどんな作用をもたらすのかということについて説明していきたいと思います。

そもそも乳酸菌とは

ひとえに乳酸菌といっても、実のところ250以上もの種類が確認されています。つまり乳酸菌とは単一の菌を指すものではなく、カテゴリーの名称と思っていただくと分かりやすいと思います。簡単に説明すると、乳酸菌は炭水化物(糖)をエネルギーにして多量の乳酸を生成する菌類の総称です。

そして、ここまで隠していましたが、「菌」と名前のつくものですから、細菌の一種ということになります。もっと広い範囲まで視点を拡げれば、微生物に属することになります。 私たちが身体に良いと思って、安心して口にしている乳酸菌も実は微生物というくくりにはいってしまうんです。微生物という言葉だけを念頭に置くと、不安になりますが、微生物全般が必ずしも悪さをするわけではないということを乳酸菌を通して知っていただけたらと思います。

さて、私たちは古くからこの微生物の働きを巧みに利用して生きてきました。例えば食物の長期保存をするために発酵という手法がありますが、これも微生物の働きです。発酵ができなければヨーグルトもチーズもお酒も味噌も醤油も存在しません。すべて微生物の力を借りてつくっています。

ちなみに、現代の科学技術を持って類似品をつくったとしても、独特の風味や香りを出すことはできないといわれています。 このことから微生物・細菌が私たちの生活とは切っても切れない存在であることがわかります。そして、この発酵に関わる菌こそが乳酸菌なのです。

乳酸菌の身体の中での役割

ヨーグルトや乳酸飲料などは効率的に乳酸菌を体内へ取り込むことができると考えられています。「生きて腸まで届く乳酸菌」というキャッチコピーを冠した商品もありますが、逆にいえば生きて腸まで届かない乳酸菌ももちろん存在します。

ヨーグルトなどを食べて乳酸菌を摂取しても、途中で死んでしまうものも多くあるのです。途中で死滅してしまうと、乳酸菌がもつパワーは発揮されません。一方で生きて腸まで届くとものすごい活躍をしてくれるのです。

無事に腸まで生き延びた乳酸菌は、腸内の善玉菌の増加を手助けします。また、それだけでなく、さらに悪玉菌を退治します。いわば乳酸菌は腸内の救世主のような存在ともいえるでしょう。乳酸菌の働きによって善玉菌が増えていけば身体にとって様々な良い効果があらわれます。

まず、力をつけた善玉菌は体内の病原菌を倒しにかかります。そして美肌効果をもたらしたり、アトピーの症状を抑制してくれたりします。またコレステロール値を下げたり、虫歯予防にも効果があるとされています。他にもお通じを良くしたり、腸内をキレイにしたりと、良いことずくめなのです。

たかが菌されど菌。あなどるなかれ乳酸菌。 身体を整え、健康な生活していくためには乳酸菌は私たちの生活に欠かせない存在なのです。