腸内フローラとは、腸内細菌のお花畑と言う意味だと言う事をご存知でしょうか?細菌=お花畑と聞くと、信じがたい気がするかも知れませんが、腸内細菌は、人間にとって欠かす事の出来ない細菌になっており、そんな細菌同士が固まって腸内に生息している様子から、お花畑と言う意味であるfloraと言う名前が付けられているのです。

 

腸内フローラの種類とは?

腸内フローラには、3つの種類があり、それぞれに役目を持って体内で働いています。

【善玉菌】

善玉菌の場合、人の体に良い働きをする菌の代表になっています。腸の働きを正常化させる事や悪玉菌の侵入や増殖を防ぐ効果も期待する事ができると言われています。

主な善玉菌は、ビフィズス菌やフェーカリス菌などになっています。また、腸内フローラの理想的な割合としては、善玉菌が2割程度あると良いと言われています。

【悪玉菌】

悪玉菌の場合、善玉菌と違い有毒物質を作る菌になっています。この有毒物質によって、腸内の中を腐らせてしまうといった事がある為、出来るだけ、この悪玉菌を増やす事がないよう努力する事が必要になってきます。

主な悪玉菌は、ブドウ球菌などになっています。また、腸内フローラの理想的な割合としては、悪玉菌は1割程度に抑えておく事が必要になってきます。

【日和見菌】

日和見菌は、善玉菌や悪玉菌とは、少し違った性質を持った菌になています。基本的には、良くも悪くもない菌となっており、腸内に住んでいます。しかし、体調を壊した際には、この日和見菌は、悪玉菌に変化してしまう危険な菌とも言われています。

主な日和見菌は、大腸菌などになっています。また、腸内フローラの理想的な割合としては、善玉菌2割、悪玉菌1割の残り7割がベストな状態と言われています。

腸内フローラを正常に保つ方法とは?

腸内フローラを正常に保つ為には、まずは、食事に気を付け、乳酸菌やこうじ菌、食物繊維などを積極的に摂取する事が大切になってきます。その他、便秘の改善なども重要と言われています。

まとめ

このように腸内フローラと言うものは、人間にとって大切なお花畑と言う事が言え、常に正常に保つ事ができるように心がけて行く事が大切になってくると言えるのです。
また、それは、健康維持のみならず、ダイエット効果を期待する事ができる事や便秘の解消を期待する事ができるなどといった、様々な効果も一緒に期待する事ができる事になっています。
そのような事からも、腸内フローラを正常に保ち続ける事は、体にとって、とても大切な事だと言えるのです。