便秘を改善したいと思った時、まず食事のことを思う人が多いですね。

食事の中では、食物繊維を多く含む食事を取るなど、とても大切なことです。

そしてもう一つ大切なこととして、外部から腹部を刺激することがあります。

それは、外部から大腸を刺激するということです。

腹部をマッサージするということになります。

その腹部マッサージは、大腸の形に沿って行うと、より効果を期待することができます。

大腸が動くように、腹部を手の平でマッサージをします。

エステで腹部をマッサージされた時、便秘が改善したということがあります。

それは、エステのマッサージによって腹部が刺激されて改善するということなのです。

自分でマッサージをするよりも、効果的に行ってもらうことができます。

また、マッサージをすることによって、ぜい肉を取ることができますね。

そのため、腹部マッサージは便秘を解消することができることと、ぜい肉を取ることが出来るという、
二つのことが期待できます。

便秘を解消するマッサージとツボ

便秘をしたとしても、普通はお腹が痛むということはありません。

お腹が痛むのは、ガスがお腹にたまっているか、
大腸の一部が強く痙攣するために起こる痙攣性便秘かどちらかの場合です。

腹痛を伴う際には、温めることが大切になります。

まず手のひらをよくこすり合わせて下腹に当て、
お腹を温めます。

そして両手を重ね、指の腹でへその周辺を、
皮膚の表面を擦るようにして軽くマッサージしてやります。

お腹が冷えやすいのであれば使い捨てカイロなどを使って、
へその周りや背中などをよく温めるようにするといいでしょう。

また、ツボの刺激も効果的です。

「帯脈」はへそと同じ高さで脇腹にあるツボです。

座って脇腹を両手ではさむようにして掴み、親指で身体の中心に向かって強く押しこんでやります。

「梁丘」は膝の皿の外側の上端から指3本分のところにあり、
太ももを足と反対側の親指と他の4本の指で挟み、押し上げるようにして押します。

「足三里」は脛の骨の外側のくぼみにあり、
ふくらはぎを掴むようにして親指の腹で押してやります。

便秘改善には、マッサージやストレッチ

便秘には、お腹のマッサージやストレッチがききます。

お腹のマッサージというのは、痛すぎない程度にお腹を押していくものです。

横になりながやったほうがやりやすいです。

座ったり立ったりしているときにやっても、イマイチ効果はありません。

押していくとなんとなく固く感じるところがあるので、
そこは念入りに押したほうが良いと思います。

また、やりすぎると単純に痛くなってしまうので、寝る前だけやるなど、
いつやるか決め手おくのが良いと思います。

今度はストレッチに関してですが、体を捻ると効果的だと思います。

捻るといっても、なんとなくではなく思いっきりだと体の流れがよくなる感じがします。

とにかく、便秘を何とかするには体の流れを良くすることが大事です。

そのためには水分も積極的にとったほうが良いですし、体も動かしたほうが良いに決まっています。

お腹のあたりを意識すると、なお良いですね。

お腹の力を鍛えるために、腹筋をしてみるのも良いかもしれません。