便秘を治すというと、まず思い浮かぶのが便秘薬だと思われます。

しかし、便秘薬の使用というと、お腹が痛くなったり、下痢気味になったりして、
あまりよいイメージを伴わないこともあります。

そして、できれば避けたいものです。

このようなことから注目されているのが青汁です。

青汁も、以前と比べると、飲みやすいタイプのものが増えてきました。

そして、青汁には、食物繊維などが豊富に含まれています。

そんなことから、便秘の改善とか予防に効果があるといわれているのです。

そして、便秘によいといわれるお茶も注目されています。

このようなお茶は、夜、寝る前などに飲めば、翌朝には、便秘が改善されることが期待できます。

また、薬ではないので、からだへの負担は少ないです。

このようなお茶や青汁などは、普段の生活の中に、気軽に取り入れることができます。

そして、無理なく続けることもできます。

その結果、便秘の予防や改善に役立てることができるのです。

薬に頼らずに便秘を治したいという人にはおススメだといえます。

ドラッグストアに行くと、便秘薬はもちろん、便秘に効果があるというお茶も売られています。

便秘の時に毎回薬を飲むのは体に良くないのではないかと思うこともあります。

自然にお通じを改善させるには、
便秘に効果があるというお茶を飲んでみるのがいいかもしれません。

どのような成分が使われているのかを調べてみました。

ハーブが使われているということが多かったです。

普通のお茶と比べて飲みやすさが気になるところですが、
実際に飲んだ人の感想を見てみると、癖が無くて飲みやすい味でおいしかったとのことです。

飲みやすい味だからとガブガブ飲むと、緩くなってしまうということもあるので注意が必要です。

便秘を解消させる方法として、野菜を多く食べるという方法がありますが、
毎日たくさんの野菜を食べるというのは簡単なようで難しいです。

お茶なら、毎日無理なく続けることができるので良い方法だと思います。

選ぶときには、カフェインの量が少なめのものを選ぶことをおすすめします。

20代女性の口コミ

出ないときは、1週間は当たり前。

本当に便秘に困っています。

出勤前に、ほぼ毎日

朝からトイレで20分は格闘するのですが、やっぱり出ないんですよね。

夏場なんて特に悲惨、大汗をかきながらトイレにこもっているので、

トイレから出たときはもうすでに仕事に行く前にフラフラ。

それでしっかり出たときはまだいいのですが、出なかったときは気持ちもブルーになるし、
最悪な気持ちで出勤します。

また職場では、便秘に悩んでいる同僚とは

どういうお茶が効くとか、食べ物はこれがいいとか、そういう話で持ちきりになります。

最近のヒットは、はとむぎや大麦などが入った便秘用のお茶です。

これは、味も結構美味しくて、職場の便秘仲間でまとめ買いしたほどです。

でもたいてい効いても、残念ながら2週間くらいなんですよね。

体が慣れてくるというのでしょうか、なぜかいつもまたすぐに便秘に逆戻りしてしまいます。

常にお腹が詰まったような感じがあるし、お腹もぽっこりでてくるし、
いつも快便という自分になってみたいものだとほんといつも思います。