昔と今の食生活には大きな違いがあります。

その為、昔は比較的無意識に摂取することが出来ていた乳酸菌も、
現在は不足しがちになってしまっているのです。

乳酸菌の不足は腸内の細菌バランスを崩す原因になります。

腸内には善玉菌と悪玉菌、それに日和見菌と呼ばれる菌が存在しています。

日和見菌は優勢の菌に傾く性質を持っており、
善玉菌が多い時は善玉菌として、悪玉菌が多い時は悪玉菌として働きます。

腸内の細菌バランスは、善玉菌が優勢の状態が理想的です。

もしも悪玉菌が増えてしまうと便秘になりやすくなり、改善も難しくなってしまうのです。

実際、便秘に悩まされている人の腸内細菌バランスは乱れていることが多く、
善玉菌を増やしてあげることで症状が改善する可能性が高いと言えます。

乳酸菌は善玉菌のエサになり、充分な摂取を続けることで
腸内の細菌バランスを整えることが可能になるのです。

乳酸菌の摂取量が少ない現代人は、どうしても腸内細菌バランスが崩れて便秘になりやすいです。

慢性的な便秘に陥っている人は、意識的に乳酸菌を摂取するようにしてみましょう。

便秘に効果のある乳酸菌とは

便秘の解消法として、カルピスやヨーグルトといった乳酸菌を摂る事で、
腸内の膜をコーティングして腸内の働きを手助ける効果があります。

しかし、最近の研究の結果、カルピスやヨーグルトに含まれる乳酸菌では効果がないと証明されました。

というのもカルピスなどに含まれる乳酸菌は、
あまり強くなく胃酸等の酸性に弱くて腸内に届けるはずの乳酸菌は、
胃の中の胃酸によって消化されている事が乳酸菌が利かない要因と考えられています。

そのため、ヨーグルトの中ではLG21やR-1といったプロバイオティクスの乳酸菌の摂取が
必要な事が発表されました。

従来の乳酸菌より生命力が高く、酸性に強い事から、腸内までしっかり届く事が証明されています。

そのため、最近では病院で便秘の診察の受診を行ってもLG21が提供されていたり、
入院患者のご飯のデザートに必ずプロバイオティクスのヨーグルトが付いていたり、
医療にまで浸透性が強い事から、通常の乳酸菌より違う乳酸菌という事がわかります。

40代女性の体験談

便秘に関しては若いころから悩んでいたので、健康食品などを色々と試してみてはいます。

社会人になったらかなりお金にも余裕が出てきたので色々と試してみてはいるのですが、
やはりスタンダードな便秘改善としては乳酸菌が効果があると思います。

まずそのお手軽さがとてもいいもので、
ヨーグルトや乳酸菌ドリンクなどは色々と種類があって自分に合ったものを選べるのがいいですね。

また最近の乳酸菌と言うのは胃で溶けずにしっかりと腸まで届くものや、
有胞子性乳酸菌などというものが開発されてどんどん良い商品が出てきていると思います。

自分はちょっと大き目なパックで売っているヨーグルトを買ってきて朝にフルーツに混ぜて食べてみたり、
あるいはシリアルと一緒に食べることで食物繊維を一緒に摂取したりしていますが、
やはり効果は毎日続けているとかなり改善してきたので朝食は大事だと思います。

乳酸菌はサプリメントなどもあるので忙しい人にはこちらでも良いかもしれませんが、
やはり私は楽しく食事をして便秘改善をしたいですね。