便秘を解消するためには、食物繊維が豊富なものを食べるようにしたり、
水分をこまめに摂取することが大切だと思います。

腸内の善玉菌が不足していることも便秘の原因となっていることもあります。

毎日ヨーグルトなどの乳酸菌が含まれているものを食べると、善玉菌の数が増えます。

おやつは、プルーンを食べると良いです。

食物繊維がたっぷりと含まれているし、便秘解消に役立つ成分が含まれているからです。

バナナには、乳酸菌のえさとなるオリゴ糖がたくさん含まれているので、ヨーグルトと一緒に食べると便秘解消効果が抜群です。

運動不足になると、腹筋の力が弱まり便を押し出す力不足による便秘になりやすいです。

夜寝る前に軽く腹筋を鍛える運動するようにするといいと思います。

便が硬くて出にくいタイプの便秘の場合は、オリーブオイルを飲むという方法があります。

スプーン1杯ぐらいの量を飲みます。

オリーブオイルを飲むと便がスムーズに出るようになります。

オリーブオイルの便秘解消効果

やせるために油抜きの食事をしていませんか。

脂肪分はカロリーが高く摂りすぎればカロリーオーバーで肥満の原因となりますが、
控えすぎると便秘になってしまいます。

便秘解消によいオイルがオリーブオイルです。

オリーブオイルは悪玉コレステロールを低下させる働きなどの健康効果が注目されています。

オリーブオイルの主成分はオレイン酸です。

オレイン酸は吸収されにくい性質があり、大腸にまで届きます。

大腸に届いたオレイン酸は便に適度な油分を与えて滑りをよくしたり、腸を刺激して蠕動運動を促します。

オリーブオイルの便秘解消効果を期待するなら、一度に大量に摂取する必要があります。

大さじ1~2杯程度を一回に摂るとよいでしょう。

何かにかけたり調理に使うと食べ物と一緒に吸収されやすいため、そのまま飲んだ方が便秘解消効果が高まります。

飲みにくい場合は水にはちみつとオリーブオイルを混ぜて飲むとよいです。

ヨーロッパでは便秘のときは朝にオリーブオイルを飲む習慣があります。

便秘の解消にはオリーブオイルが効果的

便が長く腸の中にとどまってしまい、水分が抜けてドンドン硬くなっていくと便秘になります。

その硬くなった便が腸をふさぐことで、さらに便秘の状態が進んでいきます。

そのまま放置するとガスがお腹の中にたまり、他の病気を誘発することもあるのです。

誰でも経験するものだから、と簡単に考えていると大変なことになる場合もあります。

便秘の解消に大切なのは、便を柔らかくして弾力を持たせることなのです。

その為に効果があると言われているのがオリーブオイルです。

便を柔らかくするために水分をたくさん摂る人も多いでしょうが、飲んだ水分のほとんどは尿となって排出されてしまうのです。

それに対してオリーブオイルなら粘りがあり、便の滑りを良くしたり便自体を柔らかくしてくれる為に、便秘の解消には最適なのです。

油を使った食事をとるなら、ぜひオリーブオイルを利用してみてください。

即効性があるとは思わず、気長に使用し続けると便秘は次第に解消されていきます。

近年注目されているオレイン酸とマグネシウム

便秘を防ぐ為には、便通を良くする為の食事を工夫する事が基本です。

日頃食べている野菜には食物繊維が豊富に含まれていますが、不溶性と水溶性の食物繊維をバランス良く摂取する事が大切です。

性質の異なる食物繊維を偏って摂取し続けると、便秘や下痢を引き起こしやすくなります。

どの野菜に繊維が多く含まれているのかを研究して、綺麗な便が出る事を意識しながら適度に野菜を摂取する事が快適なお通じに繋がります。

便秘の改善を促す事を考慮して、近年注目されている成分としてオレイン酸やマグネシウムがあります。

オレイン酸はオリーブオイルに大量に含まれていて、腸内での便の流れをスムーズに動かす役割があります。

マグネシウムは便を柔らかくする効果があって、グルタミンはぜん動運動を活性化する成分として有効的な成分です。

オリーブオイルを使用した野菜炒めに関連した料理を食べたり、キムチや筑前煮などの健康的な料理を作る事が便秘の防止の秘訣です。

甘い物はオリゴ糖が入っている果物で補ったり、病気にならない為にビタミンCが多く含まれる食材を活用する事も有効的です。